フランスでの歴史と使われ方

赤ちゃん20アロマセラピーという言葉が使われたのはフランスの科学者の芳香療法という著書の中だと言われています。けれども、その著書でアロマセラピーという言葉が使用されるよりはるか昔から、人々は植物の芳香成分を様々な治療に役立ててきたという歴史がありました。自然志向や健康に対する高い関心が寄せられる中、安全で実用性が高く、しかもファッショナブルさを兼ね備えた美容健康法として、フランスやイギリスアメリカやドイツなどの欧米諸国そして日本でもアロマセラピーは注目を浴びています。アロマオイルを使用したマッサージオイルには万病に効く様々な効果効能があります。例えば最もポピュラーなのが肩こりや腰痛、筋肉痛などを緩和する効果ですが、ホホバオイル、ラベンダーオイル、ローズマリーオイルをブレンドしたオイルで患部をリンパの流れに沿ってマッサージすることで辛い症状を和らげる効果があります。また、心の状態が体に影響を与えるような心身症にはアロマの香りが有効です。ストレスが原因で起こるのが心身症ですが、ラベンダーのように鎮静作用のある香りをかぐことで不安やイライラした気持ちが和らぎ、鎮静効果を得ることができます。アロマセラピーを行うことによって体内のバランスが整えられ、自然治癒力が高まることで、体の様々な不調や傷の痛みなどを和らげたり、血圧を下げるなどの身体的な効果も期待できます。

コメントは受け付けていません。